山小屋バイトの持ち物チェックリスト。元山小屋スタッフが徹底解説。

リゾートバイト
スポンサーリンク

山小屋バイトが決まったんだけど、何を持って行けば良いか教えて!

よう
よう

OK!元山小屋スタッフの私たちに任せて!

びー
びー

この記事を読めば、山小屋バイト生活で必須なもの・あると便利なもの・要らないものがすべて分かります。

初めての山小屋バイトでは、

  • 服は何をどれくらい持って行けば良いのか
  • お風呂セットはどうか(シャンプー・ボディーソープは?ドライヤーは?)
  • あると便利なものって何があるだろう…?

など、持ち物に関する疑問もたくさんありますよね。

山小屋バイトでは、長期間泊まり込みになるため、「あー!あれ持ってくるの忘れた!」と思ったところで、すぐに家に取りに帰ることが出来ません。

この記事の持ち物チェックリストを参考に、山小屋バイトの準備をすすめていきましょう。

山小屋バイト持ち物チェックリスト

働く山小屋にたどり着くための登山装備については、入山時期や山小屋までの距離などによっても変わってくるためここでは省略しています。

このチェックリストは、山小屋での生活に焦点をあてて書いています。

必須の持ち物

洋服

  • 手ぬぐい・バンダナ4枚くらい:記念に山小屋で買うのも良い。
  • エプロン
  • マスク:洗って何度も使えるものが良い。
  • 着替え:下着・靴下・Tシャツなど各4セットくらい。
  • 防寒着:ロンT・フリース・ダウンジャケット・ニット帽・タイツ・レッグウォーマー・もこもこ靴下など。
    ※標高2000m以上の山小屋では、夏でも夜は10℃以下になるのが普通。平地の真冬並みの防寒着でしっかりと防寒対策をしましょう。
これくらいもこもこのダウンジャケットなら、寒さ対策はばっちりです!

身の周り

  • ヘッドライト:発電機を消したら本当に真っ暗!
  • サングラス
  • 耳栓:相部屋のスタッフのいびきがうるさいと悲惨です。笑
  • サンダル・クロックス:キッチンでも使うので、つま先が開いていない物が良い。
よう
よう

ヘッドライトは、日本一周バイク旅の装備を紹介!旅歴15年以上の私が厳選した道具たち<キャンプ編>でも紹介しているブラックダイヤモンドのストーム400が本当におすすめです。

もう少し値段が高くなりますが、【リボルト350】なら乾電池・USB充電どちらにも対応しています!

お風呂・洗面道具など

  • 歯ブラシセット
  • こだわりがあるなら、自分用のシャンプー・洗顔料など:山小屋にもスタッフ用はあることが多い。
  • フェイスタオル2,3枚:バスタオルは乾きにくいし嵩張るので却下。
  • ドライヤー置いてある山小屋と置いていない山小屋があります!事前に問い合わせて要チェック!
  • 洗濯ネット:何人もの洗濯物を一度に洗う小屋もあるので、他のスタッフと区別するのに役立ちます。
  • 保湿クリーム:山の上はかなり乾燥します。多めに持っていきましょう。
  • 日焼け止め
  • ウェットティッシュ毎日お風呂に入れない山小屋ではマジで大活躍します!
    詳しくは以下の記事内の「Q14:お風呂は毎日入れるの?」「Q21:持って行った方が良いものは?ベスト3を教えて」を参照。
    山小屋バイトQ&A。給料、人間関係、お風呂…気になる25の質問に答えます
  • 爪切り:小屋にもあるけれど、切れ味悪くてなんか使いづらかった。
  • 耳かき・綿棒
  • 風邪薬・絆創膏・常備薬など:小屋にも救急ボックスはありますが、数が限られているので。
  • 女性は生理用品
びー
びー

化粧水を大量に持って行くと重くて大変なので、私はニベアで体中の保湿をしていたわ。

その他

  • カメラ:美しい山の風景を撮るのに、ケータイのカメラだけでは物足りなくなります!星空を撮りたい人は三脚も必須。
  • 水筒:夜に喉が渇いたとき、わざわざスタッフルームを出て行くのはかなり面倒です。
  • サブザック:ちょっと散策する時に。
よう
よう

サブザックは私の大好きなシートゥーサミットのウルトラシルデイパック20L】がおすすめ!

わずか72gなのに耐久性が高く、防水性もあるめちゃくちゃ使いやすいサブザックです。

あると便利なもの

  • 延長コード:発電機が稼働している間にスタッフ全員が充電しようとするので、コンセントはかなり混み合います。
  • モバイルバッテリー:モバイルバッテリーに充電しておけば、夜も安心!
  • ソーラーライト:CARRY THE SUN Mediumがおすすめ!
  • タブレット:自分の好きな本や動画を大量に持ち込みたい人向け。
  • イヤフォン:絶景×癒しミュージックは至福のひととき。スピーカーは周りに迷惑なので却下。
  • おやつ・お気に入りのコーヒーなど:ふだんの食事で自分の好きなものを食べられないストレスは意外に大きいので、嗜好品はあると良いです。
  • レターセット・切手:メールやラインではなく、山の上で手紙を書くって良くないですか?下山するスタッフに投函してもらいましょう。
  • 登山用品一式:山小屋バイトだけなら必須ではないですが、休日に登山もしたい人は忘れずに!
よう
よう

CARRY THE SUN Medium】は、スタッフ小屋の枕元に置くライトとして凄くおすすめです!

太陽光で充電できるし、読書にも十分な明るさがあり、常にヘッドライトをつけていなくて良いのでリラックスできます。

要らないもの

  • 作業用軍手:山小屋にスタッフ用がある。
  • 作業用ツナギ:山小屋にスタッフ用がある。
  • 長靴:よほど大きいor小さい足でなければ、山小屋にスタッフ用がある。
  • 化粧道具:どうせしない。(しているバイトスタッフは逆に浮く。笑)
  • お洒落着:どうせ着ない。それより寒さ対策が重要!
  • コンタクト:洗浄液も荷物になる。ワンデイは多くて嵩張る。
    (仕事中眼鏡はうっとうしい&眼鏡がどうしても嫌なら持って行く)
  • :山小屋にも大量にある。(どうしても読みたい本があるなら、タブレットがおすすめ)
  • 現金:大金をスタッフ部屋に置きっぱなしは不用心。必要ならば、山小屋では給料を前借りできるところが多いのでそれを利用しましょう。
  • 楽器:休憩中に練習したいって思って持ってくる人は、大抵しない&している暇がない。
人前で披露できるレベルなら、演奏会を設ける小屋は割とあるので、交渉の価値あり!

山小屋バイトの持ち物チェックリストまとめ

今回は元山小屋スタッフである私たちが、山小屋バイトの持ち物を紹介しました。

あまり荷物が多くなっても重くなるし、どうせ使わない。
かと言って「あれ持ってくればよかったー」と思ってもすぐには取りに帰れない。

無ければ無いなりになんとかなってしまうものですが、準備の際にはぜひこの記事を参考にしながら考えてみてください。

よう
よう

あなたの山小屋バイトがより良いものになるように応援しています!

びー
びー

きっと最高のひと夏になること間違いなし!

コメント

タイトルとURLをコピーしました