【屋久島リゾバ体験談】直雇用で遊びメインのゆるゆるリゾバ

リゾートバイト
スポンサーリンク

屋久島と言えば、青森の白神山地と共に日本で最初の世界自然遺産に制定された土地で、縄文杉や宮崎駿の映画「もののけ姫」のモデルとなったことでも有名ですね。

よう
よう

海・山・森・川すべてが本当に美しくダイナミックで、アウトドアが好きな人にとってはたまらない観光地です。

将来の移住候補地としても考えていた屋久島でリゾートバイトをしてきた体験談です。

この記事で分かること
  • 屋久島リゾバの探し方
  • 屋久島リゾバの体験談
  • 屋久島リゾバのメリット・デメリット
  • 直雇用ならではのゆるいリゾバ生活について
よう
よう

屋久島のリゾートバイトに興味のある人、稼ぎよりも遊びメインのリゾバをしたい人におすすめの内容です。

この記事を書いている人(ひつじ?)はこんな人です
  • 高校中退後、日本と世界を15年かけて旅をして、現在は松本で彼女と同棲中
  • リゾバは計16回、12地域、8業種を経験
  • ワーホリ4ヶ国経験(カナダ・ニュージーランド・オーストラリア・ドイツ)、ニュージーランドではワークビザを取って4年半滞在
  • アイスランド一周マッターホルン登頂など、冒険が大好き

屋久島リゾバの探し方

リゾートバイトの探し方は大きく分けて2つあります。

  1. 派遣会社に登録して応募する
  2. 働きたい施設を探して直接応募する

1.派遣会社に登録して応募する

リゾートバイトをする際には、まずリゾートバイト専門の派遣会社へ登録して、その中からお気に入りの求人を選んで応募するのが一般的です。

「どうしてもここで働きたい」という施設がある場合を除いては、派遣会社経由でのリゾバがおすすめです。

直接雇用になることで起こるデメリット一覧
  • 時給が低い場合が多い
  • 寮費・食費無料などの待遇が得られない場合がある
  • 特典がつかない
  • 給料の前払い制度がない
  • 応募ごとに履歴書を書いたり問い合わせるのが面倒
  • 何か問題があった場合に自分で対処しなくてはいけない

私も実際に登録・利用させてもらっているおすすめの派遣会社は以下の5社です。

よう
よう

サイト名をクリックすれば、それぞれの公式ホームページをチェックできます。

表は横にスクロールできます👆

ランキング評価おすすめポイント
1位
アルファリゾート(アルファスタッフ)

時給  4.2
求人件数3.1
サポート4.0
特典  5.0

総合  4.2
無料で使い放題のオンライン英会話レッスン!

『EXETIME』の特典が超豪華!

女性支持率No.1!温泉・着物を着れる求人多数!
2位
リゾートバイトダイブ(ダイブ)

時給  4.0
求人件数4.1
サポート4.7
特典  3.7

総合  4.1
仮登録で「施設名」「住所」を確認できるのが超便利!

東京や大阪など、珍しい都会型のリゾートバイト求人も多い!

体験談や写真を売ることで、さらにおこづかいGET!
3位
リゾバ.com(ヒューマニック)

時給  4.0
求人件数5.0
サポート4.1
特典  3.0

総合  4.0
求人件数No.1! 業界最大手の安心感

1ヶ月以内の超短期求人件数もNo.1

40代・50代も大歓迎!
4位
ワクトリ(ポンスタッフ)

時給  3.6
求人件数4.3
サポート3.8
特典  3.7

総合  3.8
LINEやSNSを使った密なやりとり!

DMMオンライン英会話が無料!

前払い制度が最速!
5位
リゾートバイト.com(グッドマンサービス)

時給  5.0
求人件数 3.3
サポート3.5
特典  3.0

総合  3.7
業界No.1の高時給!

カップル歓迎!カップル同室の求人多数!

特典やサポートはあまりない。
※()内の名前が派遣会社名です。サイト名と名前が違うので、慣れるまでは少し戸惑うかもしれません。
評価基準は2022年10月2日現在。

求人検索のフリーワードで「屋久島」と入力すれば、簡単に屋久島の求人だけに絞り込むことが出来ます。

ざっと調べた限りでは、ホテルや旅館の求人(フロント・ベル・調理補助・清掃など)がメインでした。

「リゾートバイト.com」だけはフリーワード検索が出来ないので、「九州」の求人すべてから探すことになり、ピンポイントで調べたい人には効率が悪いです。

2.働きたい施設を探して直接応募する

屋久島のリゾバではどうしても外せない条件があり、派遣会社経由の求人では難しかったため、自分の条件に合う施設を探して直接応募しました。

よう
よう

その頃の私はボルダリングにはまりまくっていて、とにかく岩場に近い場所で、出来れば毎日でも通えるくらいの勤務時間が条件でした。

リゾバをする目的は人それぞれですよね。
この時の私は稼ぎはどうでも良いから、とにかくたくさん遊びたかったのと、その後の定住も視野に入れていたので、情報収集に力を入れたかったのです。

見つけ出したのは、「屋久島サウスビレッジ」長期滞在者向けのゲストハウスの求人でした。

よう
よう

メールして条件などを確かめて応募したら、すぐに採用が決まりました。

屋久島リゾバ体験談

自炊棟で、仲良くなった宿泊者たちと一緒にご飯。

屋久島リゾバの仕事概要

仕事内容業務全般
勤務時間不規則(朝2~3時間、夕方1~2時間程度)
給料時給850円→1ヶ月後900円にアップした
寮費・水道光熱費等1,000円/日
まかない(希望者は朝・夜)寸志(強制ではなく、1日100円程度?)

派遣会社経由の一般的なリゾートバイトでは、1日8時間(+残業)の求人が多いですが、私が働いた「屋久島サウスビレッジ」では、長くても1日6時間程度の勤務でした。

よう
よう

宿泊者の少ない日は、朝2時間程度で終了のときもありました。笑

仕事内容は業務全般。
館内掃除、敷地内の草むしり、メールや電話対応、宿泊者受付・案内…まあ、何でも屋ですね。

外国人のお客さんもたまにいたので、メールや受付で英語を使う機会がたまにありました。

色々やることあって大変そうに思えるかもしれませんが、実際は超ゆるかったです!笑

時期も6月から10月で、ちゃんと繁忙期にも働いていたはずなのに、いま思い返しても、とにかくのんびりして、遊びまくっていた記憶が強いです。

屋久島リゾバのメリット

屋久島リゾバのメリットは、楽しいリゾートバイトの勤務地を選ぶポイントである以下の4つすべてが揃っていることです。

  • 旅行で行きたいけれど、アクセスが悪く移動に時間がかかる場所
  • 数日の旅行では物足りなく、もう少し滞在期間が欲しい場所
  • 自分の趣味やしたいことが思いっきり出来る場所
  • 今までの生活から一変して、非日常を味わえる場所

屋久島は飛行機の直行便が少なく、交通アクセスが悪いです。
移動に時間のかかるところは、たとえ魅力的でも短期の旅行では足が向きにくいですよね。

屋久島は見どころが多く、しかもポイントが割と離れているので、数日間の旅行ですべてを満足に周るのはかなり困難です。

よう
よう

一番人気の「縄文杉」は、往復10時間。それだけで丸1日かかります。

特にアウトドア遊びが好きな人、絶景の中にゆったりと身を浸して癒されたい人にとって、屋久島は最高の場所です。
パワースポットとしても有名らしく、スピリチュアルなものを好む人を多く見かけました。

他の有名どころの観光地に比べて、観光客でごった返していることが少ないのも、屋久島の大きな魅力のひとつです。
おそらく派遣会社経由で働いたとしても、客が多すぎてめちゃくちゃ忙しい!なんて感じにはならないと思います。(保証はできませんが)

よう
よう

リゾートバイトをしながら、見どころをじっくりと周りつつ、大自然の中で思いっきり遊んで、癒されて…。

そんなリゾバの醍醐味を十分に味わえるのが屋久島です。

屋久島リゾバのデメリット

屋久島にはコンビニがなく、島内にある4つのスーパー(Aコープ・わいわいランド)も20時には閉まるので、生活は不便です。(しかも値段がどれも高い!)

Amazonなどで通販したとしても、他の地域より届くまでに時間がかかりますし、送料が高い場合が多いです。(リゾバ時は送料無料になるAmazonプライムは必須!)

自然以外に見どころがほとんどありません!(もしかしたらあるのかも知れませんが、私には分かりませんでした)

時給が1000円前後と、他の地域のリゾバに比べてけっこう低いです。(基本的に離島の時給は低い)

よう
よう

自然が好きな人、まったりするのが好きな人にとっては最高ですが、がっつり稼ぎたい人、都会も近くないと嫌な人にとっては退屈な生活になると思います。

屋久島リゾバでいくら貯まった?給料・支出・貯金額

「屋久島サウスビレッジ」での給料や支出、貯金額を公開します。

給料支出貯金
6月31,450円15,000円16,450円
7月86,700円38,000円48,700円
8月92,700円41,000円51,700円
9月97,300円46,000円51,300円
支出は千百の位未満は省略

6月中旬から仕事始めだったため、7月以降が参考になると思います。

個人経営のゲストハウスでの直雇用ということで、一般的なリゾバよりも時給が安く、遊び優先だったために勤務時間も短かったけれど、それでも毎月5万円くらいは貯金出来ました。

よう
よう

短い日は2時間、長くても6時間、平均すると4.5時間くらいの勤務が多かった印象です。

休みは月で8日くらいでした。

派遣会社の求人に載っていた屋久島リゾバ求人をチェックすると、15万円から20万円を予想収入としている求人が多かったです。

派遣会社経由なら、寮費・食費無料や、交通費が出たりとメリットがたくさんあるので、私のようにその他の条件に強いこだわりがないなら、派遣会社経由でのリゾバが断然おすすめです。

「屋久島サウスビレッジ」直雇用ならでは?ゆるいリゾバ生活

一番お気に入りだったボルダリングエリア

私は今までにも何度か直雇用のリゾートバイトをしたことがあり、ほとんどの施設でゆるゆるだったのですが、今回の「屋久島サウスビレッジ」でも、かなりゆるいリゾバ生活でした。

個人経営の施設はそもそもマニュアルなんてものがないところも多く、それゆえ、正解が分からず苦労する場合もありますが、オーナーと気が合えば、これほど快適なリゾバ生活はなかなかありません。

プライベートな時間は海に山にと、とにかく毎日遊びまくっていました。

よう
よう

いくつか動画をまとめたので、見てもらえたら嬉しいです。


「屋久島サウスビレッジ」の食事条件はかなりアバウトで、「あそこに食費用のビンがあるから、心づけとしていくらでも良いからたまに入れてくれると嬉しいなあ」という感じでした。

こんな制度のリゾバ先は初めてで、正直、困りました!笑

よう
よう

みんないくらくらい入れるんだろう…。入れなくても構わないし、みたいな感じ。

まかないを食べる食べないは完全に自由で、宿泊者も使う自炊棟があるので、そこで作って食べても良いのです。

まかないを食べるなら、食事の配膳や片づけをちょこっと手伝ってね、みたいな感じでした。(10~20分くらい?仕事レベルじゃないです。)

基本的にまかないは宿泊者と一緒に食べるので、私は宿泊者が多い時には手伝って、一緒におしゃべりしながら食事を楽しみ、宿泊者が少ない日には自炊してプライベートの時間を充実させていました。

よう
よう

まかないが豪華だと感じた時にはそっと100円~200円入れてました。笑


「屋久島サウスビレッジ」は宿泊者との距離が近く、また長期滞在する客が多いので、自然と仲良くなりました。

ハイキングやSUP、地元のお祭りなど、一緒に遊びに出かける日もたくさんありましたし、宿のイベントで竹を取ってくるところから始める「本気の流しそうめん」なんかもありました。

ニュージーランドで知り合ったクライミング仲間が遊びに来てくれて、一緒に本富岳でもクライミングをしました。(スコールに当たり敗退、後日ソロで完登)

色んな島でダイビングやシュノーケルをしてきましたが、屋久島の海はそうとう魚影が濃く、海亀出現率もかなり高かったです。

その他にも、屋久島はとにかくアウトドアの遊びが充実していて、毎日すごく楽しかったです。

よう
よう

屋久島は縄文杉だけじゃないよ♪

アウトドアが好きな人にはマジで遊び放題パラダイス!

まとめ

屋久島は、私の好きな遊びが特に充実していることもあり、普通のリゾートバイトではなく、直雇用でゆるい仕事を選びました。

派遣会社経由なら、1日8時間労働になると思いますが、その分時給や待遇も良いはずです。

屋久島の魅力は、まだまだたくさんあり、正直4ヶ月でも足りないくらいでしたが、さらに優先してやりたいことが見つかってしまったので、離れることにしました。

屋久島のリゾートバイトに興味のある人や、稼ぎよりも遊びをメインにしたリゾバ求人の探し方を知りたい人に参考になれば幸いです。

よう
よう

その他のリゾバ体験談、リゾバに役立つ記事の一覧は下のリンクからチェックしてください。

リゾートバイト
「リゾートバイト」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました