ダウンジャケットの洗い方!自宅でも綺麗でふわふわになる方法を紹介します。

生活
スポンサーリンク

こんにちは!
同棲生活4か月目のよー and びーです。

桜も咲きだして、暖かい日が増えてきましたね!

びー
びー

みなさん、冬の間着ていたダウンジャケットのお手入れってどうしてますか?
なんとなく毎年クリーニング屋さんに出していませんか?

実は自宅で洗った方がダウンに優しく、きれいに仕上がります!

え!そうなの?ダウンの製品ってどう洗って良いか分からないから、いつもクリーニング屋さんにお願いしているわ。

  • 一般的なクリーニング店では、ダウン製品はドライクリーニングをしてくれるお店が多いと思うのですが、実はドライクリーニングはとても強い化学薬品を使っているので、ダウンへのダメージが強いことも多いのです。
  • さらに、一般的なドライクリーニングに使われている石油系の溶剤では、袖口・襟元などの汚れに対して洗浄力が不十分だったり、溶剤がきちんと除去されていないと悪臭の原因になったりもします。

確かに、なんか思ったより綺麗にならなかったなとか、ぺちゃんこになって返ってきたこともあったわ。

中にはダウン製品に特化したクリーニング専門店もありますが、その分やはり費用は高額になりやすいです。

びー
びー

私はダウン製品は自宅で洗うことにしています!

いくつかのポイントを押さえることで、自宅で洗ってもしっかりとふわふわのダウンにすることが出来ますよ!

この記事はこんな方におすすめの記事です。

  • クリーニング屋さんより安く済ませたい!
  • ドライクリーニングじゃなくてしっかりと水洗いがしたい!
  • 袖口や襟元など、クリーニングに出しても汚れが気になるところがある!
  • 自分で洗えるの知らなかった!やってみたい!

※ダウンの洗浄には良くても、繊細な生地では表面にダメージが出る可能性もあります。とっておきの服は専門店にお任せしましょう。

自分で洗うのはやっぱり心配という方はこちらの【高級ダウンクリーニングの専門店】もチェック!
高級ブランドのダウンを26,000着以上もクリーニングしてきた実績があり、国家資格を持った職人さんが特殊なウェットクリーニングでしっかりと丁寧に洗い上げてくれるそうです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

私が実際に洗ったダウン製品一覧

  • DANTON(ダントン)インナーダウン
  • コロンビア インナーダウン
  • コロンビア ダウンアウター
  • モンベル ダウンシュラフ

それぞれの詳しい洗濯表記と素材についてはコチラ

自宅でダウンを洗う方法(手洗いの仕方)

step0.洗濯表示を確認する

びー
びー

いきなり洗濯機で洗う方もいますが、私は手洗いの方が生地に優しいと思うので手洗いにしています。

まずは洗濯表示を確認して、水洗いできるか確認します。ダウン製品はおおまか、以下のいずれかの表記になっている印象があります。

  • 洗濯機弱洗い > 家で洗える
  • 手洗い+水温指定 > 家で洗える
  • 水洗い禁止 > 物によっては家で洗えない
びー
びー

私が実際に洗った事のあるものは以下の通りです!

自分のダウンが自宅で洗えるかの参考にしてください。
私も最初はびくびくしながら洗っていましたが、今となってはなんでも洗える気がしています!

表は横にスクロールできます👆

DANTON(ダントン)
インナーダウン
水洗い禁止

生地:ナイロン100%

中綿:ダウン90%フェザー10%
コロンビア
インナーダウン
手洗い30中性

生地:表ナイロン100%、裏ポリエステル100%

中綿:ダウン90%フェザー10%
コロンビア
ダウンアウター
【オムニシールド 800fp】

手洗い30中性

生地:表ナイロン100%/表一部ポリエステル92%、ポリウレタン8%/裏ポリエステル100%

中綿:ダウン90%フェザー10%
モンベル
ダウンシュラフ
ウルトラライトスパイラル ダウンハガー#1 

手洗い30

生地:ナイロン100%

中綿:グースダウン90%、スモールフェザー10%

step1.ダウンを洗うために用意するもの

びー
びー

容器が大きすぎると水も洗剤もたくさん必要になります。

ダウンを軽く押してすっぽり入るくらいの大きさが良いと思います。

シュラフは大きいので浴槽で洗います。

step2.ジッパー・ベルクロなどを閉める

製品についているチャックや、マジックテープなどの閉まる場所を閉めておきましょう

step3.ダウンに水を含ませる

大きなものほど、想像以上に水を含んでくれません。

洗濯に使う容器に洗濯物を入れて、先にシャワーなどで洗濯物にしっかりぬるま湯(洗濯表示の温度制限以内のお湯)を含ませてあげましょう

これを怠ると、洗濯物を押し洗いする際に高価な洗剤を入れた水が容器から溢れて排水溝に流れていくという、悲しい事態がおこります。

びー
びー

クリーニング屋さんより安いと言っても、普通の洗剤よりは高価な洗剤なので、この工程は大事です!

step4.ぬるま湯を入れる

ダウンが浸る程度のぬるま湯を容器に入れます。(既にそれ以上あれば少し減らしてあげましょう。)

洗濯表示に温度制限がある場合は、その温度以下にする様に気を付けましょう。

step5.必要な量の洗剤を出す

洗剤の裏に目安となる水との割合が書いてあるので、参考にして洗剤をダウンを洗う容器とは別の小さな容器に出します。(洗剤のキャップでも◎)

step6.汚れの酷い所を洗う

step4で出した洗剤を、汚れの気になるところに垂らして洗っていきましょう。

袖口などのダウンが含まれていないところはあまり気にせずに洗って問題ないですが、ダウンが含まれるところは、ダウンが偏らないように優しく洗いましょう。

びー
びー

表面だけを撫でるように(揉まないで)やると良い感じです!

step7.全体を押し洗い

気になるところを一通り洗ったら、残った洗剤も投入します。

空気を抜くような感じで押し洗いしましょう。

この時も、ダウンが偏らない様に、優しく洗います。

びー
びー

大きなものなら、足で踏んでもいいですね◎

ただし、優しくですよ!

step8.付け置き

一通り洗ったら、そのまま20-30分放置(付け置き洗い)します。

脱水・すすぎ・乾燥の方法

step1.脱水andすすぎ

20-30分経過したら、容器の水を流して脱水します。

絞らずに、手や足で押して脱水しましょう

びー
びー

雑巾を絞るみたいにやると生地が傷むし、ダウンが偏るのでNGです!

浴室内に敷くお風呂マットがあれば、その上で踏むとやりやすいです。

ある程度水が切れたら、再度ぬるま湯をたっぷり入れてすすぎます。

お水が綺麗になるまで、脱水andすすぎを繰り返します大体3-4回程度でしょうか。

step2.洗濯機で脱水

手でのすすぎand脱水が済んだら、洗濯機で仕上げの脱水をします。

洗濯機の周りに這わせるようにして、脱水にかけましょう。

びー
びー

そのまま放り込むと、遠心力でダウンが偏ってしまいます。

均等に脱水できるように、広げて入れましょう。

step3.コインランドリーで乾かす

私は自宅に乾燥機がないので、コインランドリーに行って乾燥させます。

この時、テニスボールを3個ほど入れるのがポイントです!

びー
びー

ボールを入れることによって、ダウンをほぐしながら乾燥できるので、よりふわふわに仕上がります!

テニスボールではなくても、ダウンの洗剤のメーカーによっては、専用ボールも売っています。そちらを使うのも良いでしょう。

温度が選べるところでは、なるべく低温で乾燥させましょう。

途中で様子を見ながら、ダウンに偏りがないか確認します。塊を見つけたら手で優しく解してあげましょう。

完全に乾くまで乾燥機を回し続けます。乾燥機の温度にもよりますが最短で20分くらいで乾きます。

step4.日陰で干しておく

しっかりと乾燥出来ていれば不要ですが、私は念のため日陰or室内で数日干すことにしていま

湿気が残っているとダウンにも良くないし、悪臭の原因になるので、気になる人はすぐタンスなどに仕舞わずに広げておくといいと思います。

こんなにフワフワになります!

ダウン用洗剤の紹介とコストパフォーマンスを比較!

ダウン用洗剤と言えばこの3つ!という商品を紹介します!

現時点では、製品にある表記通りの洗剤の量で洗うとモンベルのダウンクリーナーが圧倒的に安く(洗剤代金のみで1着=60円程度)洗えそうです。

ニクワックス ダウンウォッシュ

洗浄力・撥水力は◎

においが苦手という方もいらっしゃるようです。

  • 300mlで4着程度洗えると表記あり
  • 300ml=1380円位(1着=約350円+ランドリー代で洗濯可能)

グランジャーズ ダウンウォッシュ

私は長らくニクワックスのダウンウォッシュを愛用していましたが、前回は環境にもいいグランジャーズの物を使用しました。

ニクワックスは独特のにおいがありますが、グランジャーズはにおいがきつくなく、無臭に近いイメージでした。

  • 300mlで6着程度洗濯可能と表記あり
  • 300ml=1700円位(1着=約280円+ランドリー代で洗濯可能)

乾燥時の専用ボールがセットになった商品はこちら

ダウンクリーナー(モンベル)

モンベルのダウンクリーナーは使用したことはありませんが、天下のモンベル。気になる一品です。

コストパフォーマンスは断トツで良さそうです。

  • 300mlで20着洗えると表記あり
  • 300ml=¥1155(1着=約60円+ランドリー代で洗濯可能) ※300ml入りの商品はありません。

高級ダウン専門クリーニング専門店

そんなに洗濯に時間をかけていられないという人や、自分で洗うのはやっぱり心配という人は、せめて一般的なドライクリーニングではなく、ダウンクリーニングの専門店を活用してみてみることをおすすめします!

こちらの「ダウンクリーニングの専門店」では、高級ブランドのダウンを26,000着以上もクリーニングしてきた実績があり、国家資格を持った職人さんが特殊なウェットクリーニングでしっかりと丁寧に洗い上げてくれるそうです!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まとめ

いかがでしたか?

今回はダウンを自宅で綺麗に洗濯する方法と、ふわふわになるポイントを紹介しました!

汚れが付着したダウンはボリュームが減ってしまい、本来の暖かさが保たれずにもったいないです。

出来れば年に1回は洗って、ふわふわの状態をキープしたいですね。

自分で洗うと、経済的ですし、気持ちもスッキリしておススメです。

びー
びー

ちょっと時間がかかって大変かもしれませんが、そのぶん愛着も増す事間違いなしです!

今年の春はぜひ自宅でダウンを洗うことに挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました